Web3コンサルティング関連

Web3コンサルティングのおすすめ企業・サービス一覧

Web3コンサルティングに関連するサービス・ソリューションを掲載しています。

博報堂キースリー web3ワークショッププログラムでは、新規事業を検討している事業者様向けに、短期集中でweb3関連の知識のインプットから具体的なアイデア出しのアウトプットまでを一気通貫で支援するプログラムです。全体で約3か月のプログラムとなっており、web3技術で実現できることや最新事例などを弊社独自の学習コンテンツで学びながら、ワークシートを使って実際に自社の新規事業として継続検討が可能な事業企画を考えることができます。また、web3業界における様々な専門家からのサポートを受けることもできます。

こんな方におすすめ
✓ web3への理解を深めたい
✓ 新規事業・サービスを考えたい
✓ 未来にワクワクしたい

期待される効果
①社内のブロックチェーンリテラシー向上
②新規事業・新サービスのアイデアを獲得
③通りやすい上申資料の作成を支援

  • 提供会社:株式会社博報堂キースリー

コンセンサス・ベイスは、ブロックチェーンの専門企業としてコンサルティングを行っております。
弊社では、ブロックチェーン技術を活用し課題を解決したいとお考えの企業様や、新規に事業を立ち上げたいというお客様、それぞれの分野における企業様のお持ちの課題などの解決に向けてコンサルティングを行います。特に投資分野や金融業務への導入メリット、技術面におけるソリューションもご相談いただけるのが弊社の強みとなっております。

  • 提供会社:コンセンサス・ベイス株式会社

WEB3総合広告代理店として、WEB3領域(ブロックチェーン、NFT、XR等)を活用した新規事業のプランニングやマーケティング支援、制作物の管理・納品まで、一貫してご提供しています。

  • 提供会社:PARDEY株式会社

事業検証から採用活動、社内コミュニケーション推進、自治体運営、物件管理に至るまで、あらゆる場面でDAOのポテンシャルを引き出します

“DAO”という組織形態をとることにより、既存の組織以上に参加者の主体的な姿勢を引き出し、大きな成果を目指すことができます。
DAOX(ダオエックス)では、大手企業へのDAO組成支援の経験から既存事業のDAO化やDAOによる事業検証をサポート。スムーズなDAO立ち上げとメンバーの巻き込み、自律的に推進されていくコミュニティ作りを実現します。

  • 提供会社:株式会社ガイアックス

MARUNAGE NFTは、企業がweb3に参入する上で発生する様々な課題(技術選定、暗号資産の管理、ビジネスへの応用方法等)を2014年創業で培った多くのノウハウを元に解決するコンサルティングサービスです。政府や大手企業からの受注実績も多数あり、NFTの導入からINOの実施、トークンエコノミクスの設計に至るまで広範囲にご相談いただけます。

  • 提供会社:株式会社IndieSquare

TORMOは「ワンリンク」で既存サービスにもすぐに追加できる、かんたんで使いやすいブロックチェーンソリューションです。また、簡単なだけでなく、すべての機能がパスキー※1(生体認証など)により実行できるため新しいパスワードなどは必要なくご利用いただけます。

TORMOはNFTの受け取りなどに機能が限定されないため、後にユーザーにウォレットの切り替えなどのアナウンスをすることを検討する必要がありません。そのほか、キャッシュレス支払いによるNFT購入やNFT Mint、認証や償還など様々な機能にもワンリンクで対応しています。

※1 パスキーとは、普段から利用するスマホやPCなどのデバイスをロックする際に利用している鍵を認証に活用する仕組み

  • 提供会社:株式会社PBADAO

pokkeは、NFCハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットとして国内で最も利用されており、NFCを内蔵した商品をタッチすることで機能するため、幅広い世代に扱いやすく安心してご利用いただけるハードウェアウォレットとなっております。pokkeは、ウォレットとしての展開だけでなくNFTのMintやBurn、Burn&Mintなどを実行することが難しい操作なく実行することができます。

導入パートナー:東急株式会社、NTTデータ、山梨県庁、株式会社ビームス、株式会社MIXI etc...

  • 提供会社:株式会社PBADAO

web3領域における新規事業開発・ブロックチェーン活用に関するコンサルティングサービスを提供しています。
市場調査・事業戦略策定からサービス設計や要件定義、その後のシステム開発まで、事業を創るプロセスにおける上流から下流までを一貫して支援します。特にVASP(暗号資産交換業)、RWAなどのトークン化、様々な産業におけるユーティリティNFTに関連する領域を得意としています。

  • 提供会社:株式会社Decentier

自治体さま、企業さまのニーズにお応えし、必要とするソリューションをご提供します。

  • 提供会社:株式会社あるやうむ

日本におけるステーブルコインのトップランナーであるJPYC社が、ステーブルコインの発行から活用事業検討まで、全てを支援するコンサルティングサービス。
ステーブルコイン事業で成功を目指す企業へ向けた、業界トップクラスの専門知識と経験を持つプロフェッショナルチームによるコンサルティングサービスを提供します。
業界リーダーとして蓄積した豊富なノウハウを活かし、ステーブルコインに関する調査、発行運用(イネーブラーサービス)、ライセンス取得や活用事業をサポート、クライアントの事業を次のレベルへと引き上げます。

  • 提供会社:JPYC株式会社

本サービスは、Web3関連事業への参入を検討する国内外の法人/プロジェクト様向けに、幅広いソリューションを提供します。Web3の幅広いバリューチェーンの中において、MCBの暗号資産およびブロックチェーン事業をはじめとするweb3領域の知見・経験を活かし、リサーチ、NFTの企画から発行、コミュニティ構築、運営等、様々なサポートをさせていただきます。

【サービス概要】
・Web3事業に関する調査・企画
・NFTの企画、発行、販売
・コミュニティの構築/運営
・メタバースの開発/協業
・IEO支援/トークンエコノミクス設計

  • 提供会社:マネックスクリプトバンク株式会社

ブロックチェーンの特性を生かした分散型アプリケーション(Dapps)の開発リソースを提供します。様々なSDKを利用してEVM上のNFTやウォレットなどの開発を企画・設計から実際のコーディングまで、伴走いたします。

  • 提供会社:株式会社Pontech

アジア最大級のweb3アプリケーション開発インフラ「Bunzz」が提供する、起業向けのWeb3/ブロックチェーン関連事業のコンサルティング、及びシステム開発支援サービスです。Web3関連事業に必須な業界知識や観点のキャッチアップを支援させていただくほか、スマートコントラクト等のWeb3関連技術の実装までワンストップで支援いたします。

  • 提供会社:Bunzz pte ltd

クリプトリエでは、お客様のご要望にあわせたWeb3サービスの企画、デザイン、開発、さらにはリリース後の運用までトータルにご支援する3つのコンサルティングサービスと受託開発支援を提供しております。Web3領域にとどまらず、Web2領域にも柔軟に対応いたします。

【3つのWeb3コンサルティング】
1)Web3 サービスデザイン
新規事業としてWeb3ビジネスに取り組みたい企業様向けに、デザイン思考をベースにしたクリプトリエ独自のワークショップ、貴社にあったWeb3市場のリサーチ、ペルソナ選定やカスタマージャーニーマップの作成などの、利用者のニーズに応えるサービスコンセプトの策定支援を提供しています。

2)Web3 PoC開発支援
Web3のビジネスアイディアを検証したい、Webビジネスをスモールスタートさせてたい企業様向けにPoC(概念実証)の実行や、MVP(必要最小限の機能を備えたプロダクト)の開発をご支援いたします。

3)Web3 バックオフィスコンサルティング
Web3ならではの各種制度や規制の論点整理、システム導入/ 運用体制の構築をご支援いたします。

【受託開発支援】
企業様のご要望にあわせたサービスの企画 / デザイン / 開発、さらにはリリース後の運用までワンストップでご支援いたします。Web3領域にとどまらず、Web2領域にも柔軟に対応いたします。

  • 提供会社:株式会社クリプトリエ

BOBG社は、トークンの発行、運用、管理から暗号資産上場までを一貫して行う会社です。

現行の税制および会計制度下では、上場企業をはじめとする日本企業がトークンを伴うプロジェクトを立ち上げ、持続可能な運営を行うことは極めて困難です。
しかし、グローバルで競争力のあるプロジェクトへと発展させるためには、トークンの活用が不可欠です。

BOBG社は、『My Crypto Heroes』におけるMCHC(ガバナンストークン)とRAYS(ユーティリティトークン)の発行実績/知見を活かし、日本法人のトークン発行における諸問題をスピーディーに解決します。
これまでに上場企業を含む複数のプロジェクトでトークン発行を実施。自民党web3プロジェクトチームに招聘され講演を行うなど、培った独自の知見をもとに業界の発展に尽力しています。

協業により、BOBG社は以下の価値を提供します。
・グローバル水準のトークンの知見/実績を活かした戦略サポート
・FTの発行から管理/運用体制のセキュアかつスピーディな構築
・暗号資産取引所上場までのオンボーディング

複数トークンを発行し、流動性提供事業者(国内/海外取引所、マーケットメーカー)と交渉をしてきたBOBGならではの知見・交渉力でプロジェクトに貢献します。

  • 提供会社:BOBG pte ltd

Web3業界向けコンサルティングとは

Web3業界向けコンサルティングは、ブロックチェーン、暗号資産、分散型テクノロジーの専門知識を活用して企業に戦略的アドバイスを提供するサービスです。これにより企業は新しいテクノロジーを自社のビジネスモデルに統合し、新しい市場を開拓し、競争優位を築くことが可能になります。提供されるコンサルティングサービスは、プロジェクトの企画、実装からマーケティング戦略の策定に至るまで多岐にわたります。

他の業界のコンサルティングとの違い

Web3業界向けコンサルティングは、従来の業界のコンサルティングと比べていくつかの特異点があります。特に、技術の新規性と専門性が高い点、そして業界の変動が激しい点が大きな違いです。

技術の専門性: Web3関連の技術、特にブロックチェーンや暗号資産、NFTは、その技術的な構造が非常に専門的です。これらの技術はセキュリティ、透明性、分散性といった特性を持ち、イーサリアムやソラナなど基盤技術が異なればそれらの性質も異なります。Web3コンサルタントはこのような専門技術を理解し、クライアントがこれをビジネスに活用できるよう戦略的なアドバイスを提供します。

変動性と革新性: Web3業界はその性質上、非常に変動が激しく革新的です。市場の変化が迅速であり、新しい技術やアプリケーションが絶えず登場しています。また、暗号資産の相場によっても事業環境が大きく変動します。Web3コンサルタントは従来以上に最新のトレンドに敏感である必要があり、戦略もこれに応じて柔軟に調整されることが求められます。

規制との兼ね合い: Web3の中でも特に暗号資産を活用したビジネスを検討する際は、各国の規制に準拠しなければなりません。Web3業界は発展途上で新しい規制が頻繁に導入されるため、現行のルールを理解した上でその変更にも適応する必要があります。コンサルタントは、規制動向を追跡し、その影響をビジネスに反映させるための支援を提供します。

Web3コンサルティングの利用時の注意点

Web3コンサルティングを利用する際には、以下の点に注意する必要があります:

専門性の確認:コンサルタントがWeb3技術に関する深い知識と経験を持っていることを確認してください。同じブロックチェーンでもイーサリアムやソラナなど技術基盤によって細かな技術が異なり、暗号資産やNFTに関してもテーマごとに専門性が分かれています。事業内容とそこで必要になる専門性が何かによって利用するコンサルティングサービスを選ぶ必要があります。

実績の検証:過去のプロジェクトや成果を通じて、コンサルタントの実績を検証してください。大手コンサルティングファームは戦略立案などの面では実績が豊富です。一方、実際のプロジェクト実績についてはWeb3特化のコンサルティングサービスの方が強いことがあります。成功事例や参考になるケーススタディがあるかどうかも重要な判断材料です。

規制への対応:暗号資産やNFTを活用したプロジェクトを推進する場合、各国の規制への対応が必須です。戦略面のサポートと法規制面のサポートでは専門性が異なるため、コンサルタントが法規制の知見を持っているかどうかを確認することが大切です。法規制についてはWeb3に詳しい弁護士等に頼ることも一つの手でしょう。

Web3業界向けコンサルティングの費用・コスト

Web3業界向けコンサルティングの費用はプロジェクトの規模、複雑さ、期間などによって大きく異なります。一部のコンサルティング企業では固定料金でのサービス提供を行っている場合がありますが、多くはカスタマイズされたサービスを提供するため、プロジェクトごとに見積もりが行われます。

初期の相談や基本的な戦略立案で十数万円から数百万、より包括的で複雑なプロジェクトでは数百万円から数千万円という範囲内になることも珍しくありません。以下は、コンサルティングの費用に影響を与える要素についての概説です。

プロジェクトの規模: 大規模なプロジェクトや、高度な専門知識を要するプロジェクトは、それに応じて高い費用がかかります。

サービスの範囲: コンサルティングサービスがカバーする範囲が広いほど、コストは増加します。例えば、戦略立案だけでなく実装支援や後続のマネジメントまで求める場合、それに対応する費用が必要となります。

期間: プロジェクトが長期間にわたる場合、それに応じてコストも高くなります。プロジェクトの範囲が拡大すれば、当然ながらより多くのリソースが必要になり、それに伴って費用が増加します。

専門性の度合い: Web3業界は特定の専門知識を要します。新しい技術に関するコンサルティングは、市場で高い専門性を持つ人材が少ないため、その他の業界のコンサルティングと比較して高額な費用がかかることがあります。